ガリガリだから健康的に太りたい。どうすればいいの?

痩せている人は、食の細い人がほとんどです。中には、痩せの大食い、といわれる人もいますが。

炭水化物(ご飯、麺類、パン)などを食べるともうお腹いっぱいになってしまう人は、無理して食べなくてもいいのです。そのかわり、肉類をしっかり取りましょう。

調理方法は何でもいいのですが、油を使用する場合は、オリーブオイルをなるべく使いましょう。動物性脂肪の取りすぎによるコレステロールの増加を防いでくれるので、安心してお肉がたっぷり食べられます。

肉類には、筋力をアップするクレアチンがたくさん含まれているので、ガリガリを気にしている人が運動を始める場合に、効率よく筋肉をつけることができるのです。

卵や乳製品も同様です。ボディービルダーは、太りすぎを避けるため、あえて無脂肪の牛乳やヨーグルトを選びますが、痩せている人は普通のものでも全然大丈夫です。

1度にたくさん食べることができない方は、こまめに食べる習慣をつけましょう。あまり食欲がなくても、一口位は入るので、そうやって一日分の摂取カロリーをだんだん増やしていくのです。

朝から食欲がない方は、高カロリージュースを。バナナ、牛乳、卵を入れてミキサーに入れるだけ。ヨーグルトやハチミツを入れてもオッケーです。少しずつ、から始めて下さい。

昼は、ご飯抜きでもいいので肉類を食べましょう。たとえば生姜焼きとキャベツの千切り。これも、少量でいいのです。午後、間食にチョコレートを一口。仕事中でもパクっとつまめる小さなもので。

晩御飯は、おかずメインでもいいのですが、できればご飯を少しだけでも食べましょう。汁物は、すぐにお腹いっぱいになるので控えめに。

就寝前は翌朝の為にヨーグルトを。お肉をたくさん食べると、腸内環境が乱れやすいので、乳酸菌で善玉菌を増やします。

食べることが体重増加につながるのは当たり前なのですが、痩せている人は、食べることが得意でない場合が多いので、高カロリー、高タンパクの食品を効率よく摂って、筋肉を増やすことを考えましょう。

筋肉は重たいので、体重増加も期待できます。1度に大量の食べ物をとらなくても、大丈夫なんですよ。

▲ページトップに戻る