太りたい、どうすればいいの? > 太るための体づくり > ストレスや胃腸が弱く太れないなら、漢方薬を試してみよう

ストレスや胃腸が弱く太れないなら、漢方薬を試してみよう

やせすぎているという人が太りたい思ってもなかなか太れない原因として、ストレスがあります。ストレスを感じていると、食事が取れなかったり疲労がたまったりしてなかなか太れないのです。

そのためやせすぎの人が太りたいという場合には、漢方薬を服用してストレスを解消していくという方法があります。漢方薬はストレスを緩和する効果があるとして、心療内科などでの精神疾患の治療にも使用されているほどです。

ストレスを解消するために効果的な漢方薬としては、加味帰脾湯や半夏厚朴湯、桂枝加竜骨牡蛎湯や抑肝散加陳皮半夏など多くの漢方薬があります。

加味帰脾湯は、心身が疲れやすくて食欲が出ない時におすすめの漢方薬です。そして半夏厚朴湯は、ストレスによるのどのつかえを解消するので、食事がのどを通らないという人にはおすすめの漢方薬です。

桂枝加竜骨牡蛎湯は、神経過敏で太れないことを気にしてしまうという場合に飲むといい漢方薬です。

最後に抑肝散加陳皮半夏は消化器の弱い人にもおすすめの漢方薬なので、ストレスを感じて胃腸の調子がよくないという人にもおすすめの漢方薬です。

いずれの漢方薬も市販されていてドラッグストアなどで入手することが可能ですが、漢方薬は医療機関を受診して処方薬として服用することも可能です。

太れないと気になる場合は、心身に何らかの原因があると考えて医療機関を受診し、漢方薬を処方してほしいと伝えて太れるようにするべきです。

▲ページトップに戻る