太りたい人必見!太るためには質の良い睡眠が必要な理由

睡眠は太ることに深く関係しており、質の良い睡眠をしっかりとることによって太りやすくなります。人間の身体は睡眠中に修復と成長を行っています。

そのことを促しているのが成長ホルモンになり、睡眠中に多く分泌されます。このホルモンは、脳にある下垂体から分泌され、血液によって細胞や器官などに運ばれます。

そのことにより、身体の成長や修復が促されます。成長ホルモンが多く分泌される時間は22時から2時といわれており、この時間帯をゴールデンタイムといいます。

そのため、身体の成長や修復を促したい場合は、この時間帯に眠る必要があります。しかし、眠る前に食事をすると成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうので、眠る前の3時間前までには食事を終わらせておきましょう。

そして、痩せすぎていて太りたい人も、成長ホルモンが分泌される時間に眠り、質の良い睡眠をとることによって太ることが期待できます。成長するということは太ることにもなるので、質の良い睡眠をとり、成長ホルモンを多く分泌させることは重要になります。

しかし、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌量は少なくなるので、自律神経と睡眠環境を整えることが大切になります。自律神経のバランスが崩れていたり、睡眠環境が悪いと寝つきが悪くなり、熟睡することは困難になります。

そのため、自律神経と睡眠環境を整えることが必要になります。また、適度な運動も成長ホルモンの分泌に関係しており、適度な運動をすることによって成長ホルモンの分泌を促すことができます。

そして、運動によってストレスが解消し、食欲も増します。これらのことにより良質な睡眠をとることができ、太ることが期待できます。

▲ページトップに戻る