栄養吸収力が足りない?どうすればいいの?

いっぱい食べるのに太らないのは体が栄養素をちゃんと吸収していないからかもしれません。痩せている人が太れない原因の1つに吸収率が落ちていて体が栄養素を吸収できていないことが挙げられます。

食べても栄養を吸収できていないと意味がありません。そのための対策としてあげられることは、とにかくよく噛むことです。ただそれだけで太れるのかと思いますが、よく噛むことは意外と難しいものです。

よく噛むことで、消化酵素であるアミラーゼという物質が糖質を分解し、体内に吸収されやすい状態にしてくれます。一口50回以上は噛むように心がけましょう。あと、腸内環境を良くすることも大事です。

腸内細菌のバランスを整えると、消化や吸収の補助をしてくれたり、食物繊維の分解発酵してくれるようになります。そういう状態に腸内がなることで、栄養を吸収しやすい体になっていきます。

腸内環境を整えるためにおすすめの食材としてあげられるのは、ヨーグルトです。ヨーグルトの中にある乳酸菌は腸内環境のバランスを整えてくれます。

あと、太らない原因としてあげられることはストレスです。ストレスを感じると胃液がバランスを崩します。そうなると胃の不調原因となります。

胃が不調になってしまうと食欲がなくなってしまい、ご飯を食べたとしても少量になり、カロリー不足に陥ってしまいます。この現代社会でストレスなしで生きていくのは難しいですが、自分の好きなことなどしてストレスを感じないような環境を作るように心がけましょう。

参考)栄養の吸収力アップのためにアミノ酸を摂る

▲ページトップに戻る