痩せている人の原因と太る方法とは?

痩せている人は太っている人や筋肉質の人よりも食事の量が圧倒的に少ないです。本人は多いと思っているかもしれませんが客観的に見ると食事の量が少なくそれだけでなく食事の取り方にも問題があるのです。

基本的に痩せている人はあまり脂っこいものやこってりしたものを好まない傾向があります。痩せていると食べる量が少なくなりをあまり使わなくなります。

そのためたくさん食べてしまうと今まで活動していなかった胃がびっくりしてしまい胃痛や腹痛を起こしてしまうのであまり食べられないのです。そのため普段からそういったものを少しずつでいいので取っておくことをお勧めします。

痩せている人は運動のやり方にも問題があります。太るためにはトレーニングしなければならないと考えてランニングをする人が多いと思います。

ランニングは有酸素運動のため筋肉は多少はつきますが基本的には脂肪が落ちるためむしろ逆に体重が減ってしまいます。太るためには筋トレを多く取り入れランニングをするにしても短距離のトレーニングを頻繁に取り入れた方が筋肉がつきやすいです。

筋トレをした後は必ずタンパク質をとって体に栄養を与えるようにしましょう。筋トレをすると体が疲れるため食欲が減衰してしまうのですがそこは少し無理をして食べるようにしたほうがいいです。

おすすめは筋トレ後30分以内にタンパク質をとることです。この時間はゴールデンタイムと言われ栄養の吸収が最もすすむ時間帯です。プロテインが苦手な人にはたんぱく質が多く含まれている牛乳や豆乳がいいと思います。

▲ページトップに戻る