太りたいけど叶わないストレスがつらい人へ

「痩せていてガリガリの体型をなんとかしたい・・・」とお悩みの女性、そのつらい気持ちは本人にしかわからないと思います。

ロッカーでの着替えでも緊張し、まして水着になんてなれない。体型が気にならなければ、もっともっと楽しめることがあっぱいあるのかもしれません。

「太りたいけどもう無理かな・・・」とあきらめてしまえば楽なのでしょうか?

つらい思いからの解放

あたまではそう思っても、人の気持ちはそう簡単には割り切れません。おそらく長期間にわたってのストレスは、本人が自覚している以上に溜まっているものです。

ただストレスを抱え続けることは健康にはよくありません。体はストレスの影響で余計に太りにくくなるからです。

また外見の悩みだけでなく、ストレスからくる「こころの病」になってしまうこともあるのです。そうなると回復にもっと時間がかかってしまいます。

何をどうするという前に、まずは心の奥にある自分の思いをじっくり見つめることです。

今回は太れないことから来るつらい気持ち、ストレスについてお伝えします。

太りたい思いの裏にあるつらさ

ガリガリに痩せた体型に向き合うと、つらい気持ちになりますか?

まず太りたいのに太れないことのストレスはあるでしょう。でもそのストレスが長引いてつらさから抜け出せない場合、心の奥には隠された本当のつらさがあるのかもしれません。

それは「自分で自分を好きになれない」ことです。

他人に体型のことを何か言われたりしてもつらい・・・

でも一番つらいのは、太れないことよりも、自分で自分を嫌いになってしまうことです。

ではなぜ、自分を嫌いになってしまうのでしょうか?

それは劣等感を持つからです。

つらい理由は劣等感

人がつらさを感じてしまう多くのケースは「劣等感」です。

劣等感が生まれる理由は、自分を人と比べてしまうためです。人はみな、背が高い・低い、痩せている・太っている等、違います。健康な人、病気の人、体が不自由な人もいて様々です。

その中で人と人を比較することは、もともとあまり意味がないのですね。

あなたが誰かと比較をされることは、実はとても心に傷を受けます。でももっとダメージが深いのは、自分で「みんなより劣っている」と思い込んでしまうことです。

「自分は太りたいのに太れない。楽々太っている人もいるのに・・・」と考えるのは、自分を落ち込ませるだけです。

あなたがつい他人と自分を比較してしまいそうになったら、劣等感は自分を傷つけるだけだということを思い出してください。

では、劣等感をおぼえやすい人もいれば、あまり感じない人がいるのはなぜなのでしょうか?

つらい感情は心のクセ

劣等感をおぼえやすい人は、そう思いやすいクセがついているだけなのです。

今まで周囲の人から比較される体験が多かったりして、他人より優れていないと自分はダメだと思い込むクセがついてしまったのです。

そして自分ができないことばかりを考えてしまうのもクセ。自分の良いところ・魅力には意識がいきません。

ここであなたに2つの質問があります。

  • あなたの良いところ・魅力的なところはどこですか?
  • あなたにダメなところはありますか?

劣等感が強い人は、自分の「良いところ・魅力的なところ」はあまり思い浮かびません。逆に「ダメなところ」は次々と出てきます。それだけ自分を否定するクセがついているのですね。

否定のクセは、自分をつらい思いにするだけですよ。

否定の連続はもっとつらい

あなたが太りたいのに太れず、それで悩んでいることは悪いことではありません。

悩むことは誰でもありますが、自己否定がストレスを増すことになります。

「ガリガリに痩せている自分はだめだ」

「ガリガリに痩せていては、自分に魅力はない」

もしこう思っているとしたら、それは自分で自分を傷つけることになってしまうんですよ。今の体型は何かしらの原因でそうなっていますが、自分そのものを否定する必要はないんです。

自分を否定するクセがつくと、否定が連続します。何でも後ろ向きに捉えがちになるのです。「つらいと思うこと」さえも、いけないんじゃないかと考えはじめてしまいます。

まずはつらい思いをしていることを良しとして受け入れてみましょう。人間にはみな「つらい」という感情があります。

つぎに否定しないということを、もう少し掘り下げていきます。

太りたい気持ち・つらい気持ちを大切に

ガリガリ体型だから「太りたい」という思いは正直な気持ちですよね。

もう少し気持ちを深く見ていくと「ふっくらして、女性としての魅力を持ちたい」と言えるかもしれません。今はまず、その正直な気持ちを大切にしてくださいね。

そして太れないつらさもありますよね。そのつらい気持ちも大切にしてください。それもあなたの正直な気持ちでしょうから。

大切にするということは、そこをちゃんと見るということです。太りたいと思う気持ちを「やっぱり無理」と否定したり、つらい気持ちにふたをして見ないようにすることではありません。

否定しないというのは、向き合うことです。

ではこのあと、あなたを知る方法を紹介します。つらさから抜け出せるきっかけになるかもしれません。

つらい思いをあたまから出す方法

「太りたいのに叶わない」という思いを、あたまの中で考えていてはつらいだけです。

あたまから一度思いを出すと、何事も冷静に受け止めやすくなります。

そのために良い方法は、自分のつらい思いを紙に書き出すことです。すると一歩引いて自分の思っていることを見ることができますよ。やってみましょう。

紙に書くときには、以下のようなポイントがあります。

  • きれいな字で書こうとしない
  • 時間をかけずに数十秒~数分で、思ったままの気持ちをさっさと書く
  • 文章になっていなくても良い

あなたの気持ちができるだけそのまま文字になるように、ペンを止めずにいくつでも書いてください。例えば「○○がつらい」「○○が悔しい」などと、思いをストレートにです。

これはあなたの思いを一度あたまの中から出す作業です。

つらい思いを書き出す作業

いろいろな感情があたまの中にありながら「どうしよう、どうしよう」と思いはじめると、あせってくるだけ。紙に書くことで、あたまの中は一度空っぽになり、落ち着いて自分の思いを確認できます。

人によっては、自分の感情にすぐには向き合えず、書くことに抵抗を感じる人もいるでしょう。少しの勇気がいるかもしれません。

でも自分の正直な思いを確認する、大切な時間です。

つらい思いを眺める

紙に書き出すことができたら、そこに書かれた自分の思いをじっくりと1分間、ちょっと引いて眺めてみてください。

書き出したメモを眺める

どう感じますか?

なにかの感情が湧いてきますか?

1分間経ったら一息入れて休憩です。今の気持ちはどうでしょうか?

今行ったことは「思っていることを紙に書き出してそれを見た」というだけで、とくに問題解決はしようとはしていません。

しかしおそらく紙に書く前よりは、ほんの少し気持ちがかるくなったのではないですか?

あたまの中で絡み合っていたものが整理されて、あなたがそれを客観的に見ることができたので、脳のストレスが軽減されたのです。

あなたは変われる

自分の思いを紙に書いて、見つめることができたあなたは、もう内面は変わりはじめています。

明日、同じように思いを紙に書いてみてください。おそらく今日よりもつらさは少ないと思います。書いた内容も、そのトーンが少し楽な方に変化しているかもしれません。

3日間続けてください。

3日後にはつらさがまた減って、何が自分をつらくしていたのかが、さらに見えてきます。

ストレスはだいぶ小さくなるでしょう。

「太りたい」には執着しない

あなたがつらい思いを繰り返したくなければ、太ることだけに執着しないことです。

あなたには良いところや魅力があって、そこを伸ばして楽しむこともできるのです。

体型はいろいろなことの中のひとつですから、そのことだけを考え続けないようにしましょう。

太りたい自分を応援する

つらい状況に陥らないようにするには、いつも自分を応援することです。

応援するということは、体型が変わっても変わらなくても、自分がダメだとは思わないことですそれでもつらくなったら、他人とは比べずに「大丈夫、大丈夫」と自分を励ますのです。

太ることは願いのひとつ。それ以外にも自分の良いところに目を向けましょう。

それがクセになると、もっともっと自分のことが好きになって、きっと明るい笑顔が増えてきますよ。

参考文献

▲ページトップに戻る