太りたい時は、どうすればいいの? > カロリーコントロール > 毎日の食事の中でも食べ方に注意

毎日の食事の中でも食べ方に注意

sasdsds

食事では一口30回以上噛むことが推奨されています。実際、ご飯を少しだけ食べて30回も噛めるかというとなかなか難しいのですが、そこそこの量を入れることで30回噛むことができます。

噛むと消化されやすくなりますし、唾液によってホルモン分泌され消化しやすくなります。消化をサポートするホルモンも分泌されますから、食べ物を食べて、そのままエネルギーや肉、血など細胞になるケースが多いのです。

大きいものより小さいもののほうが消化はしやすいですし、唾液には炭水化物を分解するアミラーゼという酵素があり、大量分泌されると口の中ですでに消化が始まります。

そして胃腸の負担を軽減してくれますから、消化をサポートするコレシストキニンが分泌され、吸収が良くなります。

夕食を多めにして胃腸の調子をよくして吸収力アップ

また、最低限のことですが、胃腸の調子を取り戻しておく必要があります。暴飲暴食をしても何も解決にはなりませんし、極端に食べて飲んでを繰り返すと下痢になるということも考えられます。

胃腸が弱い人はまず胃腸を強くするため、しっかり噛んで食べ物を吸収させましょう。

また、太りたい人は夕食のバランスを多めにする必要があります。夕食は食べて、お風呂に入ってそのあと寝るだけなので、カロリーを殆ど消費しません。

ですからこの時間帯を狙って吸収力をアップさせる必要があります。ただ、真夜中にスナック菓子を食べるとか、そのようなことではありません。夕食時に普段より多めに食事をセッティングする、という感覚でいましょう。

▲ページトップに戻る