太るためには、やはり食事が重要

hyhy

太りたいと思うのなら、食事の重要性を意識する必要があります。一体何を食べれば太ることができるのか?

しかも、デブにはなりたくない、がっしりした体格、スマートなボディ、それらが望ましいのに、躍起になって食べてもあまり意味がありません。

そこで重要視されるのは炭水化物です。炭水化物は摂ってすぐにブドウ糖というエネルギー源に変わります。

このブドウ糖は唯一脳へのエネルギー源となるので、非常に大切なものです。そして活動エネルギーとしても消費されますが、余った分は脂肪に蓄積されます。

ですから炭水化物抜きダイエットなどが流行ったのです。しかし太りたい人にとって炭水化物は非常に重要。肉をつける意味でも炭水化物はなるべくとりましょう。

朝ごはんにしっかりご飯をたべることでその後の筋トレの精度も上がります。

おやつにゆで卵はちょうどいい、オイルも若干がちょうどいい

また、たんぱく質は血や肉を作るうえで重要な役割を果たしてくれますから、良質なたんぱく質をいつもメニューに加えるようにします。

お手頃なのがゆでたまごです。おやつにすぐ食べられるようにいくつか用意しておくと便利です。ただ茹でたたまごは2日から3日しか日持ちしませんので、注意しましょう。

また脂質、脂分もやはり太るためには必要。大切なエネルギーとなります。体内で作れない脂肪もありますから、魚など脂ののった旬の魚を食べるとよいでしょう。

ただ、太りたいからといってフライドポテトばかり食べているとそれはエンプティカロリーと言って大した栄養もないカロリーだけの産物となりますから、オイルには注意が必要です。

▲ページトップに戻る