7つの酵素と和漢を使ったサプリ、プルエル

痩せたい人に向けたダイエット食品やダイエットサプリ、ダイエットのためのストレッチDVDやグッズなどは数多く販売されています。

ですが残念なことに太りたい人へ向けたサプリメントやグッズなどは今までほとんど見かけることはありませんでした。

痩せたいと悩んでいる人は数多く、そういった人たちが大きな声を上げているからこそ痩せるための商品は数多くあるのです。

痩せている人が太りたいといえば、少し太っている人たちからいやみだ、やせてるのに悩む必要がないなどといわれてしまうため、声を上げたくてもなかなか声を上げることすらできなかったのです。

しかし、このたび陰でひそかに太りたいと悩んでいる人たちのためにお勧めなサプリメントが登場しました。それがプルエルというサプリメントです。

痩せる人たちとは違いとにかく食べることが大切だといわれている太りたい人たちにとって、このサプリメントはどのような効果があるのでしょうか?

プルエルの特徴と効果的な摂取方法

ダイエットしたい人が何をしてもなかなかやせることができないのと同じように、太りたい人もただ単に食べる量を増やすだけでは太ることはできません。

食べる量を増やすことだけで太れるのであれば誰も太りたいという悩みは持っていないのです。何らかの原因があって食べる量を増やしただけでは痩せることができないため悩んでいるのです。

その太れない原因を少しでも解消し、太りやすい体質にしようというサプリメントがプルエルです。

プルエルには食べ物を上手く分解し新しい細胞へ作り変える働きをする、アミラーゼやプロテアーゼ、ラクターゼ、マルターゼ、セルラーゼ、リパーゼ、スクラーゼの7つの消化酵素が含まれています。

また、古くから消化不良や胃腸の働きを改善させるのに効果のある漢方薬や筋肉などの原料になるアミノ酸。

酵素を活性化させたりインスリンの分泌などの働きをする酵母亜鉛や自律神経の乱れを改善させるのに必要な大麦乳発酵液ギャバなどを配合し、あらゆる太れない原因を改善させる効果があります。

日本国内で製造販売を行っており、体に害を与えるといわれている添加物を極力排除しています。そのため長期保存は不可能なため小ロットでの生産を行い、新鮮で安全な商品にこだわっています。

薬ではなくサプリメントなので、健康的な食生活を行いつつ補助的な目的で使用する意味でも食後に服用した方が効果があります。

1日3粒が摂取目安量となっていますが効果をより実感したい、早く太りたい人は1日6粒までなら増やすことも可能です。

漢方薬なども含まれていることから持病などで薬を服用している人や病気治療中の方は主治医と相談してから服用してください。

痩せていて気持ちが悪いなどといわれて傷ついている人、太りたいのに太りたいと悩めば贅沢な悩みだと一蹴されてしまって落ち込んでいる人、何をどう頑張っても太れず困っている人などにぜひお勧めしたい商品です。

太りたい人のためのサプリ PLUEL(プルエル) 公式HP
http://www.pluel.com/

プルエルの価格と最安値をチェック

プルエルは、公式サイトで購入することができ、通常価格5,980円(税込)。送料が500円です。

まず試してみたい人は、プルエルをお試しで1本購入して様子を見てみるとよいでしょう。

体質との相性もありますから、いきなりセットは・・・と躊躇する人なら、1本なら購入しやすいですね。

ちなみに2本セットなら11,960円(税込)。商品価格の割引はありませんが送料が無料になります。

3本セットなら通常価格17,940円(税込)のところ、1,000円オフの16,940円(税込)で購入することが可能です。

プルエルは1本でも2本セットでも通常価格なので、割引額で購入したければ、3本セットがお得ですよ。

さて、もう少し安く買えないかと思って楽天とAmazonで最安値チェックしてみました。

ですが残念ながらプルエルは直営の公式サイトでしか取り扱っておらず、楽天やAmazonにはありませんでした。(2017年10月20日現在)

ですから最安値は公式サイトの3本セットということになります。

最後に

プルエルは古くより伝わる和漢を中心に作られた、太ることができるサプリメントです。

7つの和漢が食事のサポートをしてくれ、体の内側からケア。

もし自分がどれだけ食べても痩せ体質で、似あう服がない、もう体型に関しては諦めているなら、プルエルを試してみませんか?

伝統の和漢処方のプルエルは、特に食事サポートの良薬として知られるウイキョウやチョウジ、アカメガシワや桂皮を使用しています。

さらに生姜やカンゾウ、金時生姜が含有されていますから、理想的な食事の栄養補給のサポートをしてくれるんですよ。

もう諦めてしまったという人にこそ、試してみてほしいのが和漢の力です。

▲ページトップに戻る