筋トレをしながらプロテインや食事を多く摂っていくこと

yhydf

太りたい人の筋トレメニューというものがあります。実際懸垂、ダンベル、スクワットにかかと上げ、腹筋とそれぞれの箇所に負担をかけて筋肉を増していきます。

計画的に行うことで地道に続ければ数キロ太ることは簡単です。ただ、空腹時に筋トレすると筋肉が必要以上に壊されてしまいますから、痩せるということになります。

つまりダイエットをする人は、筋トレはお腹がすいた状態がベストと言い換えることもできますね。

1時間で筋トレは終了することが望ましいです。それ以上超えると集中力が切れますし、筋肉を分解してエネルギーに変えようとしてしまうので筋肉が逆に使われていまします。

また息を止めずに呼吸をしながらトレーニングは行うことが必須です。自宅でトレーニングするときも、深く吸って吐いて、を意識しながら行うことでじっくりと筋肉を育てることができます。

快楽に感じる筋トレをすることで筋肉が大きくなっていく

太らない体質の人は、筋トレをしてもなかなか効果が出ないことに焦っているかもしれません。頑張って行っても筋肉は実はつかないという結果があります。太ることを英語ではパルクアップと呼んでいます。この知識が必要になります。

筋トレを快楽と感じることができれば、それはやればやるほどカッコイイイ逆三角形のボディが手に入りますが、いやいややっていてもそれは無駄です。

トレーナーをつけて、ジムに通って、せっせとマシンで運動するほうがよほどモチベーションがあがります。第三者がいることにより、適度な緊張感が保たれ、よい結果を生み出します。

昔からやせ形、どれだけ食べても肉にならない、貧相な体をなんとかしたいと思うなら、自力でできるなら自力で、どうしても難しいのならトレーナーのついてくれるジムに通うとよいでしょう。

▲ページトップに戻る