健康的に太るには筋トレが一番!でもやり方が重要

poooooo

太りたい人が筋トレで太るのは非常に健康的でよいでしょう。もちろんそれ相応の食事も摂る必要がありますが、実際食べてばかりでごろごろしていると肥満ということになります。

それは望んでいる結果ではないので、健康的に太ろうと思うのなら、筋トレを合わせるのが一番です。なぜかというと有酸素運動だと脂肪が燃えてしまうからです。

逆に無酸素運動である筋トレなら、筋肉をしっかりつけたたくましい体になることができます。でもジムに通うにはお金がかかるし時間も暇もあんまりない・・・という人は、自宅で筋トレしましょう。

何もジムでしか筋トレできないということはありません。ポイントさえ押さえてしまえば、あとは自宅でしっかり筋トレ、そして食事をするのみです。

筋トレはゆっくりギリギリ自分の限界まで行うこと

まず筋トレの仕方としては、ゆっくりした動作で筋トレをすることです。スピーディな動きはこれも有酸素運動に近くなりますから、できる限りゆっくりした動作で筋肉を大きくするイメージを持ちましょう。

加圧トレーニングなどではよくあるように、筋肉収縮をゆっくり行うことで血流が制限され、乳酸菌が増すと言われています。

安静時の300倍もの成長ホルモンが分泌されるとも言われていますから、やってみる価値はあるでしょう。

限界数まで行ってみるというのもポイントです。ギリギリ、これ以上無理と思う以上にやってみましょう。まだまだできる、という状態で終わっては筋トレで太る意味がありません。

マシンがあるなら、負荷を最大にして、自分ができる限界までチャレンジしましょう。そうして限界を超えていくことによって乳酸が発生し、筋肉が肥大していきます。つまり太ることができます。

▲ページトップに戻る