• 太る体づくり
  • 太れない人は、ただ食べるだけではなかなか太ることができません。なぜなら体質的に太りにくいから痩せているのです。そこで太る体づくりとして消化吸収力を上げる方法や質の良い睡眠を取る方法、体質を改善するための方法などをご紹介します。

太りたいならアミノ酸!栄養吸収率がアップ

痩せている人が、太りたくてたくさん食べているのに太れないのは、なぜだかわかりますか?

その原因のひとつに「胃腸が弱い」ことが考えられます。胃や腸の働きが弱いと食べた物の栄養を十分に吸収することができず、たくさん食べてもなかなか太ることができないのです。

太るためには、腸内環境を整え、摂取した栄養の吸収率を高めることが重要。正しい食事が必須ですが、栄養吸収率を高める栄養素として、アミノ酸の摂取もおすすめです。

栄養の吸収率を高める食事と栄養について詳しくみていきましょう。

食べ物はよく噛むことで、栄養が行き渡る

太りたいのに太れない人は、まず、食生活の見直しが必要。太ろうと思って脂分の多いものや高カロリーの食事を続けていると、腸に負担ばかりがかかり、ますます悪循環に陥ってしまうことも。

太るために食べたいのは、何といっても白米に代表される炭水化物。そして、筋肉をつくる原材料となるタンパク質です。タンパク質は、肉・魚・卵・大豆製品に多く含まれているので、一日三度の食事でバランスよく取り入れましょう。

また、よく噛んで食べることで食べ物を細かく砕くことができ、胃腸での消化吸収がスムーズに。その結果、食べたものの栄養が体内に効率良く行き渡ります。

昔から「食事はよく噛んで食べなさい」と言われているのも、食べ物の栄養素の持つ役割を引き出すための先人の知恵だったのです。

アミノ酸の摂取が、太りやすい理由は?

さて、「栄養吸収率を高めるためにアミノ酸の摂取が効果的」と冒頭で触れましたが、まず、アミノ酸についてご説明しましょう。

アミノ酸とは、タンパク質のもと。人の体は約20%がタンパク質でできており、髪の毛や肌、筋肉、骨、内蔵、そして赤血球や白血球など、体の中のほとんどのものがタンパク質によってつくられています。

このタンパク質は、実はアミノ酸がつながってできたものなのです。自然界には多数のアミノ酸がありますが、そのうちの20種類のアミノ酸が、私たちの体をつくり、生きていくために欠かせないさまざまな働きを担っています。

この20種類のアミノ酸は、体の中で合成されない必須アミノ酸と合成される非必須アミノ酸に分けられ、必須アミノ酸は毎日の食事から必ず補給しなければならないものです。

【必須アミノ酸】
バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジン
【非必須アミノ酸】
アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、チロシン、システイン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸
(アルギニンは子供の成長期に限り合成能力が不足するため、準必須アミノ酸と呼ばれます。)

食べ物として摂取されたタンパク質は胃で消化された後、小腸(十二指腸、回腸、空腸)を進みながらアミノ酸やアミノ酸がいくつかつながったペプチドの形に分解されます。

最終的に空腸に着く頃にはほとんどがアミノ酸に分解され、小腸の粘膜上皮で吸収され血液によって肝臓に運ばれます。肝臓はタンパク質が生産される場所。肝臓に運ばれたアミノ酸はここで新しいタンパク質となり、再び私たちの体をつくるために活躍するのです。

タンパク質は食品から簡単に摂取しやすいものですが、消化されないと吸収できず、胃腸が弱っている場合はタンパク質を摂ってもほとんど消化されず吸収できずに排泄されてしまうことがあります。

その点、アミノ酸は消化の必要がなくそのまますぐに吸収されますので、アミノ酸の状態で摂取するのが最も効率が良いわけです。

アミノ酸は食事に含まれている栄養素の吸収率を高めてくれる働きがあるため、同じ量の食事をとった場合、アミノ酸がある方が栄養素をより多く吸収でき、太りやすくなります。

アミノ酸とプロテインの違いとは?

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。