• 太る体づくり
  • 太れない人は、ただ食べるだけではなかなか太ることができません。なぜなら体質的に太りにくいから痩せているのです。そこで太る体づくりとして消化吸収力を上げる方法や質の良い睡眠を取る方法、体質を改善するための方法などをご紹介します。

食べても太れない人の体質改善!消化吸収力の弱さを克服する

こんなに食べているのになぜ太れないのか?

やせ体型の人の悩みは、当の本人でないとなかなかわからないですよね。一生懸命食べても体重が増えず、行き詰まりを感じている人も多いかもしれません。

それ以上に無理して食べても、健康を害してしまいます。太りたいのに太れない精神的ストレスも、溜まってきていませんか?

悩みが続くと、ますます胃腸も元気がなくなってきてしまいます。それでもできることなら健康的に太りたいですよね。

今回は、食べても太れない人の原因と、その体質改善についてお伝えします。

太りたいのに、食べても太れない原因は?

原因を大きく分けてみましょう。

  • 食べたものを消化吸収する胃腸の問題
  • ストレスの影響
  • 食事メニューの問題
  • その他

では、これらの原因をさらに深く掘り下げていきます。

「太りたい」がうまくいかない消化吸収の問題はコレ

歯の健康と、よく噛むこと

人の消化器官というと「胃」が思い浮かびますが、その前段階での「口」があります。口の機能が落ちやすいのは、以下の通りです。

  • 虫歯があったり歯が抜けたままのところがあり、片側だけで噛んでいる
  • 歯の治療等の原因で、噛みあわせが悪い
  • あごがゆがんでいる・顎関節症がある
  • 食べた物をあまり噛まずに飲み込んでしまう

これらのことは、すべて胃腸の負担を増やし消化吸収の妨げになり、食べても太れない原因になります。

胃下垂

胃下垂は、胃の位置が本来より下に垂れ下がってしまう症状です。当然、胃の機能は低下し、栄養の吸収率が半分以下になることもあり食べても太れない原因となります。

胃下垂になりやすいのは、背が高い人と姿勢の崩れ・背骨や骨盤のゆがみがある人です。あごがゆがんで首や背中・腰も左右にゆがんでしまう場合や、猫背が習慣化している場合でも、胃下垂になり得ます。

また内臓を支えている周囲の腹筋や体幹の筋肉が弱っていて、胃が下垂してしまう場合もあります。

そして胃下垂になると、消化不良の状態にある食べ物をなんとか消化しようとし、胃酸を多く出すようになります。そうなると胃が荒れたり、余計に食欲不振になるという悪循環も生み出しやすいですね。

あわせて読みたい記事
太れないのは胃下垂のせいかも?

胃腸が弱い

胃腸の機能が弱まっていれば、栄養が十分に吸収されませんから、なかなか太れません。消化器官の働きは、自律神経がつかさどっています。自律神経は、体の快適さを保とうとしていますが、それを妨げるのがストレスです。

精神的なストレスで「過敏性腸症候群」という病気になることがあります。しかしこの病名がつかなくても、ストレスで消化機能は弱まっていることは多いです。

不安や心配・過度のストレスが長期化するほど、食欲不振は進み、ますます太れなくなります。太るためにいろいろな方法を試している人も、ストレスに対処しなければ、体質改善には向かいにくいです。

運動不足

太りたいのに、運動をしたらもっとやせてしまうのでは・・・ということはありません。

日常的に、歩いたり階段を昇ることも少なく、筋力低下・筋量減少があれば、逆に太りにくくなってしまいます。筋肉がどんどん減り脂肪のみで太っていくのは、他の病気も招きやすく決しておすすめしません。

運動不足は、筋力低下・血行不良・姿勢の崩れ・代謝低下など、太れない原因の多くにつながります。体質改善には体を動かすこともとても重要です。

あわせて読みたい記事
筋トレで太れる体つくり

太れない原因はストレス?

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。