• 太る体づくり
  • 太れない人は、ただ食べるだけではなかなか太ることができません。なぜなら体質的に太りにくいから痩せているのです。そこで太る体づくりとして消化吸収力を上げる方法や質の良い睡眠を取る方法、体質を改善するための方法などをご紹介します。

ストレスで太れない体には、漢方薬がおすすめ

痩せすぎの人がなかなか太れない原因の一つに、ストレスがあるというのをご存じでしょうか?

ストレスと消化器官は密接な関係にあり、ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、胃腸の不調を起こし便秘や下痢を引き起こしやすくなります。

ストレスで精神的に参っているとそれだけで食欲もなくなりますが、例え食べられたとしても、消化吸収力の低下により、必要な栄養素を吸収することができず太れません。

太るためのストレス解消には生活習慣の改善が必要ですが、漢方薬を服用するという方法も効果的です。そんなストレスについて、詳しくみてみましょう。

ストレスを感じる仕組み

ストレスとは、どうやって感じるのでしょうか。脳の中にある大脳辺縁系の扁桃体と言う神経細胞の集まっているところに、外部からの心地よい刺激に反応すると細胞と不快な刺激に反応する細胞があります。

ここで不快な刺激に反応する細胞によりストレス状態が作られます。外部からの刺激には天候や騒音などの環境的な要因によるものから、痛みや病気などの身体的要因によるもの、悩みや不安などの心理的な要因によるもの、人間関係や仕事上の問題など社会的要因によるものなど、さまざま。

ストレスは悪いものだけに限らず、適度な緊張感によりプラスに働く場合もありますが、悪いストレスを受けると自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、胃酸分泌の過多などにより胃腸の不具合を引き起こしてしまいます。

ストレスの感じ方は人それぞれなので、どの程度のストレスが体調に影響を及ぼすかも人により異なります。

一般的に、楽観的な考え方のできる大らかな性格の人はストレスに強いタイプで、真面目で几帳面、心配症な傾向の人はストレスに弱いタイプといえます。

太るためのストレス解消法

ストレスが原因で太れない。そんな人は、まず胃腸を元気に整えることを考えましょう。

ストレスを抱えている人のほとんどは、胃腸が弱っており、いくら食べても太れない体質になっていると考えられます。

ですから太るためにはまず体調からアプローチするのがおすすめ。胃腸の調子を整えるには普段の食生活の改善が必須です。

コンビニ弁当やスナック類、ファストフードなど、油っこくて化学調味料や添加物が大量に入っているものはなるべく避け、ご飯にお肉、魚、生野菜や果物など、栄養バランスの良い食事を心がけること。

納豆やヨーグルト、チーズなどの発酵食品も積極的に取り入れましょう。

また質の良い睡眠と、心地よく疲労を感じるほどの適度な運動、リラックスできる入浴、そして気分転換になる趣味を持つなど、日常的にストレスをためない環境を作る努力も大事です。

ストレスに作用する漢方とは?

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。