• 太る体づくり
  • 太れない人は、ただ食べるだけではなかなか太ることができません。なぜなら体質的に太りにくいから痩せているのです。そこで太る体づくりとして消化吸収力を上げる方法や質の良い睡眠を取る方法、体質を改善するための方法などをご紹介します。

太りたいけど、たくさん食べられないあなたの8つの体質改善ポイント

太りたいけれど太れない。太るためには食べなくては・・・と思っても、なかなか食べられない。

でも「太りたい」という望みは、簡単には消えないですよね。

「食欲が湧かない」「がんばっても食べれらない」のには原因があります。その原因にアプローチしていけば、「食べられない体質」が変わる可能性は十分にあります。

太れないことの体質改善をしていくのには、やはりその原因をひとつひとつ取り除いていくことです。

今までの生活習慣を変えていくことになりますから、地道な継続も必要です。でも習慣が変わると体はそれに応じます。

あせらず、あわてず、自分を見つめ直していきましょう。

今回は、太りたいけれど食べられない原因と、その体質改善方法について解説します。

太りたいけれど食べられない、その原因は?

太りたい気持ちがどんなにあっても、食べられないのは、ただ単に胃腸が弱いとかいうの問題ではありません。

人間には欲がありますが、その中でも「食欲」は健康に生きて行くのにはとても重要です。その食べる部分がうまく機能しないのは、生活全般にいろいろな原因があります。

最重要なのはストレスです。それは肉体的なストレスと、精神的なストレスの両方です。

頭でどんなに「食べなくては」と思っても、実際には食欲が湧いてこないのは、とてもつらいですね。もう肉体的にも精神的にも、耐えているのが精一杯の状態かもしれません。

その耐えている部分が何なのか考えてみましょう。それが楽になれば、体質改善し、太りたいという望みが現実になってきます。

では、太れない原因である、肉体的ストレス・精神的ストレスついて解説します。

体質改善を妨げる、肉体的ストレス

太りたいけど食べられない人は、大きく肉体的なストレスを抱えていることが多いです。

簡単に言えば「体は無理をさせていませんか?」ということです。普段の生活習慣自体が、体に負担をかけていれば、その習慣を変えていく必要があります。

いくつか例を挙げてみましょう。

日々の過密すぎるスケジュール
やることで一日が埋め尽くされている。
不規則な生活リズム
起床・就寝や食事の時刻もまちまちで、日々のペースがバラバラ。
睡眠時間もまちまち。
日中に終えられなかったことは、睡眠時間を削って行うことも日常的で、慢性的に睡眠不足。
休みがない
休むことが良くないと無意識に思いがち。体をゆっくり休める時間を作らない。

こういった肉体的ストレスを抱えている人は、本人はそれが普通と思っていて気づけないでいます。疲れていてもそれに耐えてしまうので、慢性疲労が長期化します。

よく風邪を引くと食欲が減って、カロリー過多のものなどは食べられなくなりますよね。それは風邪で体力が失われてそうなります。

慢性疲労状態が長いと、余力がなくなってきて、体が食べ物を受け付けにくくなります。

体質改善を妨げる、精神的ストレス

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。