• 痩せすぎの原因
  • 太りたいのに太れないなら、痩せすぎの原因を知ることから始めてみましょう。栄養の吸収力が人より弱かったり、ストレス過多であったり、よい睡眠が取れていないなど、人によって原因もさまざまです。根本的な理由を知り問題を取り除くことが太るためには必要なのです。

栄養吸収力が足りない?腸内環境を整えて消化吸収力を上げる

痩せてガリガリの体型を何とかしたい・・・と、お悩みではないですか?

普通に太りたいだけなのに、それが叶わないのはつらいですよね。一生懸命食べても、体がなかなか変化しないのはなぜなのでしょうか?

その太れない原因は、もしかしたら腸内環境の乱れにあるのかもしれません。

腸内に存在する「腸内細菌」をあなたはご存じですか?

最新の研究で腸内には3万種類の細菌が生息していて、その数は1000兆個以上もいることが分かってきました。

小腸から大腸まで、さまざまな菌が腸壁にすんでいるのです。菌とはいっても病原菌ではなくて、食べたものを消化吸収するために大事な役割があるものなんですよ。

ガリガリに痩せている人は、この腸内細菌のバランスが、長期間にわたって崩れてしまっていることが考えられます。そうなると消化が弱って、食べても食べても栄養が吸収されず、一向に太れない状態が続いてしまうのです。

腸内環境にあなたがガリガリに痩せてしまった原因があるなら、そこが改善されれば身体が太っていく可能性は大いにありますよ。

今回は、健康的に太るために大事な「腸内環境を整えること」についてお伝えします。

そもそも腸内環境ってどういうこと?

腸内環境が整っているということは、腸がより健康だということです。それは腸の消化吸収力がアップすることであり、ガリガリの体型から脱却することにつながります。

腸内環境が良いか悪いか?それを決めるのが腸内細菌です。では腸内細菌にはどのようなものがあるのでしょうか?以下をご覧ください。

腸内細菌を大きく分類すると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つになります。

では、それぞれの菌について解説します。

体に良い作用をもたらす善玉菌

 
善玉菌は、腸内で最も健康維持に大事な役割を担っています。その役割はこんなにもあるのですよ。

  • 腸内を弱酸性にし、悪玉菌によって腐敗が進むのを防止しする。
  • 悪玉菌の増殖を防ぎ、有害物質の吸収を抑える。
  • 病原菌の感染や、細菌による下痢の発生も予防する。
  • 金自体が便の成分となり、便秘解消に役立つ。
  • 腸管の免疫を強くしたり、コレステロールの低減にも働きます。

これだけの働きがあって、腸の動きがスムーズになるように促され、お腹の調子が整うのですね。善玉菌が活躍することで、消化吸収力は抜群に良くなります。

善玉菌の代表的なものは、乳酸菌(フェーカリス菌)・ビフィズス菌などです。 そのほか乳酸菌飲料、ヨーグルトメーカーから独自の善玉菌を使ったものが多く発売されています。

体に悪い作用をもたらす悪玉菌

動物性脂肪や甘いものを頻繁に食べ続けたり、過度なストレスや便秘などにより、腸内には悪玉菌が増殖します。悪玉菌は体が不調になるさまざまな症状を招きます。

悪玉菌は腸内の腐敗が進行させます。そうなると毒性のアンモニア・硫化水素などの有害物質や発がん物質も増えてきます。

同時に便秘症状も起こすと、ガスや便がなかなか排出されず、腸内に長い間とどまってしまうのです。これでは見事にお腹の調子を崩してしまいますね。

悪玉菌の代表的なものは、病原性大腸菌・黄色ブドウ球菌・ウェルシュ菌などです。

そして悪玉菌が起こしたことは、腸内だけでは済みません。そこに発生した有害物質が血液にのって全身に運ばれてしまいます。

肌荒れ・頭痛・肩こり・生活習慣病・老化などにも関係してくるわけです。想像しただけでも気分が悪くなってきませんか?

理想的な腸内環境とは?

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。