• 痩せすぎの原因
  • 太りたいのに太れないなら、痩せすぎの原因を知ることから始めてみましょう。栄養の吸収力が人より弱かったり、ストレス過多であったり、よい睡眠が取れていないなど、人によって原因もさまざまです。根本的な理由を知り問題を取り除くことが太るためには必要なのです。

胃が弱いあなたが太る方法7選

ガリガリ体型で太りたいけど、胃が弱いために太れないことをお悩みの女性は少なくありません。

胃はとてもデリケートな消化器官です。

胃が弱るに至るにはいろいろな影響があり、どれが原因であるかを見つけ、改善していく必要があるのです。単に「胃薬を飲んだからスッキリ改善」とは、なかなかいかないわけです。

胃もたれや胃腸の疲れを感じている人は、元気度が少ない方が多いように感じます。

エネルギーを十分に消化吸収できないので、元気が余ってこないからでしょう。食べ物を消化吸収するのにもエネルギーは必要ですが、胃が弱いとそれにも時間がかかりますから、余計に体の消耗が激しいのですね。

それでもあなたが痩せ体型を変えて、女性らしい体つきになれる可能性はあります。そのために体のことをもっと知ってください。

そして「食べて」「消化吸収して」「動く」という人間の基本的な仕組みを、もっとスムーズに機能させることです。

そこで今回はガリガリに痩せていて、胃が弱い人、胃腸が常に疲れている人に向けて、それを元気にする方法を今から7つお伝えします。

1.胃腸を元気にしたいなら、よく噛むこと

胃腸と密に関係しているのはあご、つまり「噛むこと」です。

食事のときに噛む回数が少ない人は、胃腸にかかる負担はだいぶ大きくなるんですよ。

まずよく噛んで食べる人は、それだけで口に入った食べ物が細かく噛み砕かれます。食べ物が唾液と混ざり液状になるほど、胃の消化活動は楽になります。

胃が弱い人は、噛む習慣が少ないかもしれません。一口30回噛むのが目標です。

そして噛むことは腸の動きにも関係しています。便を送り出す腸の動きを「ぜん動運動」といいますが、顎をよく動かすことでぜん動運動が活発になるのです。

実際に食べ物でなくても、ガムを噛むことでも腸は反応するんですよ。便秘の解消にもつながります。

太りたいならよく噛んで、胃を楽にし腸を活発にしましょう。

2.胃腸にやさしい食べ物を

基本は三食を規則正しく食べることです。

なるべく栄養バランスが偏らないよう、またスナック菓子やジャンクフードは必要な栄養素は少ない上、胃腸に負担をかけますので極力避けたい食べ物です。

では胃腸にやさしい食べ物とは、どんなものでしょうか?

山芋

山芋は漢方においては「山薬(さんやく)」と呼ばれており、胃腸が弱いとか、胃下垂の人には非常におすすめの食材なんですよ。

アミラーゼというデンプン質を分解する酵素が含まれていますから、ごはんや麺類の消化を助け、胃腸にはとても良いのです。

大根

大根も消化を助ける酵素が豊富です。

大根に含まれるリグニンという食物繊維は胃の回復に役立ち、酵素のジアスターゼ・セミラーゼが消化吸収を助けます。熱を入れない大根おろしは最適ですよ。

キャベツ

キャベツは胃壁を保護してくれます。胃潰瘍を予防してくれるということです。

キャベツに含まれるビタミンUが、胃の新陳代謝を促してくれるので、これも太りたい人にはもってこいの食材です。

発酵食品

発酵食品には酵素が含まれていますから、胃が弱い人や胃もたれ気味の人でも消化が楽になります。

発酵食品とは、納豆・キムチ・味噌・醤油・塩辛・ヨーグルト・チーズ・酢等々です。

– – –

食べ物が変わると体は変わります。食事メニューを少しずつでも変えていくと、胃腸はきっと元気に向かいますよ。

胃が弱いなら姿勢と生活習慣をチェック

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。