• 体重を増やす食事
  • 太りたい人が摂るべき体重を増やす食事とは?消化吸収力の改善が完了したら、次に取り組むべきは食べるということ。しかし、太れない人は食が細いことがほとんど。だからこそ脂肪の素になりやすい食事を心がけることが大切なのです。

太りたい!食事メニュー・量・回数・時間・全部お伝えします

太りたい!でもなかなか太れないあなた。あなたの体質と食事について理解していますか?

とにかく食べればいいと思っているなら、それでは体を壊しかねません。太れない体質を、太りやすい体質に変えることが必要で、無理なく一歩一歩進めていく意識が大切です。

また、「太らなきゃいけない」というプレッシャーや義務感があると、食べることが苦痛になって長続きしません。一定の変化がみられるときもあれば、しばらく停滞しているように感じるときもあります。

大切なのはあせらないこと。気持ちがあせれば自律神経が緊張して、消化吸収がスムーズにいかなくなります。健康的に太れるよう、食生活を工夫していくことです。

そのために今回は、太りやすい食事メニュー・量・回数・時間のポイントをお伝えします。

太りたいけど、胃の健康状態はどう?

まずあなたが今、やせ気味、またはやせ過ぎであるとして、胃の健康状態はどうでしょうか?

これから少しずつ太っていこうと思えば、胃が健康でなければ無理が出ます。

もし胃に健康上の不安を感じるようでしたら、医療機関で診ておいてもらうのもひとつの準備です。問題なければ良いですし、なにより安心して体質改善にのぞめます。

やせすぎの人の場合は、消化吸収の機能が強くはないことが多いです。「ある程度時間をかけて体質を変えていくつもり」くらいが良いでしょう。

太りたいあなたは、ストレスを抱えていませんか?

あなたが常に何らかのストレス状態にあると、自律神経の乱れから消化器官には不調が現れやすいです。

慢性的ストレスになっていて、自分ではなかなか気づけないこともあります。普段の生活をゆったりして、ストレスコントロールも意識を持ってみてください。

ストレスから胃腸に不快感を感じているときは、何かにつけて神経が過敏になっていると考えられます。

太ろうとすることも、結果を得ることを急ぎ過ぎないよう、心にゆとりを持たせてください。

太りたい人の、一日の食事の回数は?

基本的にはメインの食事は3回、間食として2回程度と思っておくと良いでしょう。

メインの食事回数を2回とか少なくしていくのは、1回にある程度多めのカロリーを摂取できる人には有効な場合があります。

しかし今やせている場合は、なかなか1回の量を増やすのは難しいでしょう。

回数を増やすと一時、1回に食べられる量が減る場合もあります。それでも日々の回数を同じにする習慣をまずつけましょう。

日によって一食抜いてしまうということはなるべく避けて、日々、食事回数を維持することからはじめます。

食事を摂る時間帯は?

一日に、メインの食事を3回、間食を2回摂るとします。24時間の中で約8時間睡眠とすると、活動時間は16時間。間食を含めた食事回数を5回とすると、3時間に1回くらいのペースです。

朝食 6~7時
(間食)9~10時
昼食 12時
(間食)15時
夕食 19~20時

お仕事の環境とかでは不可の場合がありますから、可能な場合の設定です。夕食は少なくとも眠る2時間前には食べ終わるようにします。

そして食事の時刻を日々同じにしてリズムを作りましょう。その時刻になると、食べ物が胃に入ってくるというリズムを作るのが大切です。回数と時刻を体に覚えさせるのです。

食事メニューはどうしたらいいのか?

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。